クラウドサービスってなに?

PCとファイル

便利なクラウドサービス!

ネット上のデータ保存サービスと言った方がわかりやすいです。PCのデータをクラウドサービスに保存することでネット環境が整っている場所であれば世界中どこでも保存した自分のデータをダウンロードすることができる便利な機能です。

クラウドサービスの種類はどれくらいあるの?

大きく分けて3つ「SaaS」「PaaS」「IaaS」です。SaaSは最も一般的なクラウドサービスです。PaaSはアプリ開発に多く使われるクラウドです。IaaSはアクセス数の上下が激しいWEBサイトなどで使われることが多いサービスです。

クラウドサービスのメリットは?

大きなメリットは2つ。アクセス場所を選ばず利用可能とコスト削減です。先程も伝えたようにネット環境が整っていればどこでも利用可能です。コスト削減に関しては、もし企業がデータ保存にサーバーを利用するとしたら、大きな初期費用が買ってしまいます。しかしクラウドサービスを利用することで、サーバーの初期費用も掛かることもなく、またデータ管理する人件費もクラウドサービスによって時間短縮になりコスト削減に繋がります。

クラウドサービスを選ぶメリットランキング!

no.1

すぐに利用できる!

クラウドサービスはネットがあればすぐに利用することができます。そのため、効率良く仕事ができ、大量のデータがあってもしっかり管理するので問題なく利用ができます。会社でも家でも、ネットが繋がっている外でも利用できます。

no.2

どこでも可能!

なんといっても全国どこでも、同じデータを利用することが可能です。ネットさえ繋がっているのであれば、北海道で作ったデータも沖縄や、東京でも利用できるので選ばれるメリットになります。

no.3

面倒なデータ保守業務がない!

大事なデータを管理する業務は必要です。しかし、管理することは簡単なことではありません。でもクラウドサービスを利用すると24時間体制でしっかりと管理してくれて、本来ならやらなくても良い業務から解放されるので人件費のコスト軽減にもなります。

no.4

性能が格段にアップ!

性能がアップすると言われているのがクラウドサービス。今までシステムの性能を設定するとき処理に一番時間が掛かるという会社が多かったです。しかし、サービスの進化により、処理時間が8時間から30分に短縮した会社もあります。だから企業に選ばれるのです。

no.5

災害に強い!

今までは会社でデータは必ず保存、でも今はクラウドサービスを利用してデータ保存の方が安心と考える方が多くいます。なぜなら、あらゆる災害パターンを想定してリスクの対策をしているからです。また万が一のことがあったときでも予備燃料や万全のセキュリティー体制で安心できるから選ばれます。

広告募集中